白い球体になりたい

音楽好きだし、ゲイだし、世界が終わらないことも知ってる

明日があるさ

斜め向かいのデスクの上司が亡くなったときいたのは昨日の朝だった。前々から体調が芳しくなく、 長期入院も1年に差し掛かってしまおうとした矢先の訃報。業務はほぼ通常通りの進行だったけれど、明日お通夜がありますだとか、明後日は告別式で、などど膨大な非日常がねじ込まれ、1日のうちにYahooJapanを眺める比率が少し増えた。パソコンのデスクから少し視線をやると、彼がこの間まで働いていたデスクのカレンダーや、ちょっとした文房具や、タオルとか隠し持ってた飴とか、すべてが彼がそこにいたことを静かに主張し続けていた。

 

覇気のないお経が、線香臭いホールに響き渡る。上司の顔はまるで今にも目が覚めてきそうな表情の、しかし確実に生気を失った色合いの面影だった。普段のんびりした顔してデスクに座るお偉いさんも、目を真っ赤にして泣いていた。亡くなってしまった彼は、職場では若い方だったし、私自身元気な姿しか覚えがなく、なぜ自分がこのような場に対面しているのかが最後まで理解できないまま、お通夜という儀式が気づけば終わっていた。

 

ご無沙汰してます、元気ですか、お変わりなく、仕事はどうですか、バカな新人が入ったんですよ、不景気でね、どうなるかわかりませんよ。

 

自宅近所のバス停から、線香臭いスーツのまま坂を登る。登る途中で、自転車の気配。ライトに私が照らされる前に、口笛が聞こえてきた。どこかできいたことのあるメロディがどんどん大きくなり、私を追い抜かしていくスローモーションで、私はその曲を特定した。思わず私も同じメロディを口ずさむ。

「明日がある、明日がある、明日があるさ

向こうは自転車なのにイヤホンをして爆音で音楽を聴いているようだ。彼を見送り、私は家路を急いだ。

  

東京へ行くの巻

私が膝から崩れ落ちて泣いているのを、背後から眺めていた。

突然、私の周りを囲う東京の風景が動き出し、だんだん私は小さくなっていく。最初はビルや街が小さくなり、次は青い海や大陸が小さくなり、地球すらどんどん小さくなっていく。しまいには、真っ暗な宇宙の中を彩るように浮かんだ星も、ただの一本線になっていった。一本線は際限なく増えていく。待って、待ってと私が声を上げているのを嘲笑うかのように、そのスピードは加速していった。

私はどんどん悲しくなって、私の嗚咽も不快を感じるほど大きくなり、背景が完全に真っ白になった瞬間、泊まっていたカプセルホテルで目が覚めた。午前3時だった。

 

「東京は、人が流れている」
珍しく東京に住んでいたのに名古屋へ引っ越してきたバーの知り合いが、東京についてそう話してくれた。いつものように緑茶ハイに薄っぺらい言葉を溶かしながら、ぼうっとした頭でそう聞いたのをなんとなく覚えている。バーでの会話などいつもは一晩寝てしまったら全て忘れてしまうわけで、どうしてそんなことを尋ねたのかも覚えていない。しかしなぜか、彼は表情にどこか暗い影を浮かべながらそう話してくれたことを覚えている。

 

 「東京で生き延びるコツは何ですか?」

東京で生まれ、東京でゲイとして暮らす友人に今日は久々に会い、昼下がりのバーで思わずそう尋ねてしまった。東京で生き延びるなどとなんともマヌケな視点の抽象的な質問で、口から出た瞬間自分でも後悔を覚えるほど驚愕したが、友人はなんなりと、いつもどおりの丁寧な口調で話す。一呼吸おいた後、簡潔に全てを表現し、そして、東京に怯えている私に、魔法をかけるような言葉を言い放った。

 

「楽しむこと、じゃない?」

 

宇宙空間に投げ出され、宛てもなく流れていくちっぽけな私の涙が、ようやく止まった気がした。

 

 

猫になりたいという曲(後編)

こんにちは。前半からの続きです。スピッツの言わずと知れた名曲「猫になりたい」をバンド目線?みたいなところから重箱の隅に歯医者の吸い込むやつを押しつける感じのブログです。今日で後半で無事最後までたどり着けるかな……?っていうか引いてる?みんな引いてる?わかる!引くよね!おれこうやって音楽聴いてる人周りにいたら引くもん!でもいいの!続けます!

 

前編でBメロまでいったので今回はサビからですね。

 

サビ;ベースはルート・ギターは例のアルペジオ・タイトなドラム

ほぼほぼ構成や盛り上がりっぷりはイントロと同じですが、オルガンが入っています(Bメロでもオルガンがいい仕事してるんですよ〜〜〜オルガンでぶって殺してくれ〜〜〜〜)。少し厚みが出ていますね。サビだよね〜〜〜〜〜〜〜〜猫になりたいよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さてサビ前、やはりドラムです。フィルインがスプラッシュシンバルの4部音符のみです(ここでドラマーは膀胱の30%くらいのションベンをちびります)。そしてサビでは何もしない……本当に何もしない……オルガンが歌と追っかけするだけ……。しかしそうすることでサビのメロディの美しさがこれでもかと際立っています。そして合間に入るこの軽いスプラッシュシンバルが本当に優しい音です……

そして「消えないように傷つけてあげるよ」の直後に例のモチーフが入ります(二回目)。そしてここのドラム、タムのフラムを2回とバスドラだけ。上手にAメロのトーンまで落とします。ぎらぎらしたシンバル類やスネアではなく、タム系のこもった音だけを使っています。このフィルインはたぶんそうそうコピーできないタイプのフィルインで、フラムだけじゃなくてフラムの大元にある四分音符を丸ごと遅らせているのではないでしょうか?この辺をドラマーの人と議論したい……

打ち込みやってる人ならわかると思うんですけど、ドラムを8分とか4分とかジャストのタイミングに音符を並べてもなんだか変な感じのビートになります。これを丸ごとすごく小さいタイミングだけ前にずらして鳴らすとなんだか人間が叩いてるっぽいビートになります。このようにグルーブ感とかノリとかは実はジャストタイミングでドラムを叩いたりして実感させているのではなく、少し音符を早くたり遅くしたりして作り出しているのです(きっとそう)。

でここのフィルインね、少し遅らせているんじゃないかな?と思うんですけどどうですか?もうなんかよくわかんないけどすごい良くないですか?すごい良くないですか?

 

2Aメロ;Aメロに同じ

 そしてここで裏でこっそり弾いてるギターについて述べます。気づきましたか?このギターのコードトーンを変えていくタイミングがBメロのシンコペーションと一緒なんですけど気づきましたか?さらに「シチリア」と合わせてきてるのわかりますか?ドシェーそんなんただの偶然やろ〜なんて絶対そうじゃない。Bメロのリズムリズム変更をこれでさりげなく予感させることで自然とBメロへ入れるんですよ……スルッと展開が変わっていくと散々述べていますがこういうさりげなくちりばめている音符が淡々とした進行を違和感のないものにさせている……涙……

 

2Bメロ;Bメロに同じ

さてここで超絶技巧ドラム・崎山氏がキバを剥きます(フィルイン全てが素晴らしいので全部解説したいけど無理と悟りました)。「街は季節を嫌ってる」の直後。クラッシュ→タム→ハイハット16分(ゴースト)→アタマでハイハットオープンです。ここでドラマーは膀胱に残された全てのションベンを喪失します。

ハァ〜〜〜〜〜〜?何この〜〜〜〜〜?ハイハット16分のゴーストが入ることで〜〜〜〜〜〜???直後のハイハットオープンがめちゃくちゃ際立ちます。こんな芸当ができるのはハイハットがゴーストの崎山氏だけです…抱いて……

 

2サビ・ギターソロ;

さて再び崎山氏のサビ前のおフィルインです。8分です。全部8分。凡人ではここで16部の大体タム回しを叩いてしまいます(私もその一人です)。なぜなら8分でフィルインを叩くのは怖すぎるから。意外とリズム揺れやすいし、うっかり変な音符を叩こうものならめちゃくちゃ目立っちゃうし、雰囲気スカスカになっちゃいそうで怖い……と凡人なら思います。しかし崎山氏はそうじゃないんですよね〜〜〜8部で成立させるか〜〜〜〜〜〜イケメンかよ〜〜〜〜〜〜どういう仕組みだよ〜〜〜〜〜〜

 

ギターソロねいいよね〜〜〜〜僕スピッツのギターソロがすごい好きです。スピッツって絶対にギターソロいれてくるから好き。しかも毎回ちゃんとソロなんですよね。適当に弾きました〜みたいなソロじゃない「ちゃんと一番いいフレーズを持ってきたよ」っていうソロだから好き。ディレイ入れているけどこれは絶対趣味だろうな。このディレイがすごい怖い感じしますよね。ちょっとした狂気を感じる。しかもまたサッキー(崎山氏)が8分で押しちゃうし……もう……っ……

 

ラスサビ;

ここではじめて、スピッツ平常運転となります。ベースは本当に最後の最後まで我慢して本当にエラい。すごい大人なベースですよね。サッキーはもう自由にハイハット入れますし。しかもこの曲ではやってないけど他の曲だとハイハットオープンのゴーストでハイハットの開け具合を調整していちいち音符長さを変えてるからマジで抱いてほしい。頭おかしいもん。

最後のクラッシュシンバル二回からイントロのフェードアウトでいざなわれます。絶対ここで人死んでると思う。大森靖子さんが「スピッツさんの音楽は宇宙みたいで、宇宙が怖いから聴けない」と言っていた気持ち、少しわかります。このフェードアウト、宇宙空間でパッと離されちゃって地球から遠ざかっていく感じのするもん。しませんか?ゆらゆら帝国より全然僕はスピッツが怖いです。猫になりたいという歌なのに宇宙を彷彿させてるの頭おかしくない?(宇宙猫?)

 

それにしても歌詞もアパートとか霊園とか出てくるのに全く一切生活感がなく幻想的なのは草野マサムネ氏の手腕というか、すごいですよね。意味わかんない。今回は演奏面の解説ばっかりになりましたがまた今度は楽曲面でもこういうお話をしたいですね。するかもしれません。とりあえずよくわかんなかったけど読んだよっていう方もしいたら超ありがたいんですけどスピッツのドラムすごいんだぞとだけ伝わっていたら本望です。キモかったかもしんないけど最後まで読んでくれてありがとう!もしこの音符もよかったよ!っていう話あったら是非聞かせて!あとこういう話を延々しながらあさまで飲み明かすメンバー募集してます!以上!