読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い球体になりたい

音楽好きだし、ゲイだし、世界が終わらないことも知ってる

東京へ行くの巻

私が膝から崩れ落ちて泣いているのを、背後から眺めていた。

突然、私の周りを囲う東京の風景が動き出し、だんだん私は小さくなっていく。最初はビルや街が小さくなり、次は青い海や大陸が小さくなり、地球すらどんどん小さくなっていく。しまいには、真っ暗な宇宙の中を彩るように浮かんだ星も、ただの一本線になっていった。一本線は際限なく増えていく。待って、待ってと私が声を上げているのを嘲笑うかのように、そのスピードは加速していった。

私はどんどん悲しくなって、私の嗚咽も不快を感じるほど大きくなり、背景が完全に真っ白になった瞬間、泊まっていたカプセルホテルで目が覚めた。午前3時だった。

 

「東京は、人が流れている」
珍しく東京に住んでいたのに名古屋へ引っ越してきたバーの知り合いが、東京についてそう話してくれた。いつものように緑茶ハイに薄っぺらい言葉を溶かしながら、ぼうっとした頭でそう聞いたのをなんとなく覚えている。バーでの会話などいつもは一晩寝てしまったら全て忘れてしまうわけで、どうしてそんなことを尋ねたのかも覚えていない。しかしなぜか、彼は表情にどこか暗い影を浮かべながらそう話してくれたことを覚えている。

 

 「東京で生き延びるコツは何ですか?」

東京で生まれ、東京でゲイとして暮らす友人に今日は久々に会い、昼下がりのバーで思わずそう尋ねてしまった。東京で生き延びるなどとなんともマヌケな視点の抽象的な質問で、口から出た瞬間自分でも後悔を覚えるほど驚愕したが、友人はなんなりと、いつもどおりの丁寧な口調で話す。一呼吸おいた後、簡潔に全てを表現し、そして、東京に怯えている私に、魔法をかけるような言葉を言い放った。

 

「楽しむこと、じゃない?」

 

宇宙空間に投げ出され、宛てもなく流れていくちっぽけな私の涙が、ようやく止まった気がした。

 

 

猫になりたいという曲(後編)

こんにちは。前半からの続きです。スピッツの言わずと知れた名曲「猫になりたい」をバンド目線?みたいなところから重箱の隅に歯医者の吸い込むやつを押しつける感じのブログです。今日で後半で無事最後までたどり着けるかな……?っていうか引いてる?みんな引いてる?わかる!引くよね!おれこうやって音楽聴いてる人周りにいたら引くもん!でもいいの!続けます!

 

前編でBメロまでいったので今回はサビからですね。

 

サビ;ベースはルート・ギターは例のアルペジオ・タイトなドラム

ほぼほぼ構成や盛り上がりっぷりはイントロと同じですが、オルガンが入っています(Bメロでもオルガンがいい仕事してるんですよ〜〜〜オルガンでぶって殺してくれ〜〜〜〜)。少し厚みが出ていますね。サビだよね〜〜〜〜〜〜〜〜猫になりたいよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さてサビ前、やはりドラムです。フィルインがスプラッシュシンバルの4部音符のみです(ここでドラマーは膀胱の30%くらいのションベンをちびります)。そしてサビでは何もしない……本当に何もしない……オルガンが歌と追っかけするだけ……。しかしそうすることでサビのメロディの美しさがこれでもかと際立っています。そして合間に入るこの軽いスプラッシュシンバルが本当に優しい音です……

そして「消えないように傷つけてあげるよ」の直後に例のモチーフが入ります(二回目)。そしてここのドラム、タムのフラムを2回とバスドラだけ。上手にAメロのトーンまで落とします。ぎらぎらしたシンバル類やスネアではなく、タム系のこもった音だけを使っています。このフィルインはたぶんそうそうコピーできないタイプのフィルインで、フラムだけじゃなくてフラムの大元にある四分音符を丸ごと遅らせているのではないでしょうか?この辺をドラマーの人と議論したい……

打ち込みやってる人ならわかると思うんですけど、ドラムを8分とか4分とかジャストのタイミングに音符を並べてもなんだか変な感じのビートになります。これを丸ごとすごく小さいタイミングだけ前にずらして鳴らすとなんだか人間が叩いてるっぽいビートになります。このようにグルーブ感とかノリとかは実はジャストタイミングでドラムを叩いたりして実感させているのではなく、少し音符を早くたり遅くしたりして作り出しているのです(きっとそう)。

でここのフィルインね、少し遅らせているんじゃないかな?と思うんですけどどうですか?もうなんかよくわかんないけどすごい良くないですか?すごい良くないですか?

 

2Aメロ;Aメロに同じ

 そしてここで裏でこっそり弾いてるギターについて述べます。気づきましたか?このギターのコードトーンを変えていくタイミングがBメロのシンコペーションと一緒なんですけど気づきましたか?さらに「シチリア」と合わせてきてるのわかりますか?ドシェーそんなんただの偶然やろ〜なんて絶対そうじゃない。Bメロのリズムリズム変更をこれでさりげなく予感させることで自然とBメロへ入れるんですよ……スルッと展開が変わっていくと散々述べていますがこういうさりげなくちりばめている音符が淡々とした進行を違和感のないものにさせている……涙……

 

2Bメロ;Bメロに同じ

さてここで超絶技巧ドラム・崎山氏がキバを剥きます(フィルイン全てが素晴らしいので全部解説したいけど無理と悟りました)。「街は季節を嫌ってる」の直後。クラッシュ→タム→ハイハット16分(ゴースト)→アタマでハイハットオープンです。ここでドラマーは膀胱に残された全てのションベンを喪失します。

ハァ〜〜〜〜〜〜?何この〜〜〜〜〜?ハイハット16分のゴーストが入ることで〜〜〜〜〜〜???直後のハイハットオープンがめちゃくちゃ際立ちます。こんな芸当ができるのはハイハットがゴーストの崎山氏だけです…抱いて……

 

2サビ・ギターソロ;

さて再び崎山氏のサビ前のおフィルインです。8分です。全部8分。凡人ではここで16部の大体タム回しを叩いてしまいます(私もその一人です)。なぜなら8分でフィルインを叩くのは怖すぎるから。意外とリズム揺れやすいし、うっかり変な音符を叩こうものならめちゃくちゃ目立っちゃうし、雰囲気スカスカになっちゃいそうで怖い……と凡人なら思います。しかし崎山氏はそうじゃないんですよね〜〜〜8部で成立させるか〜〜〜〜〜〜イケメンかよ〜〜〜〜〜〜どういう仕組みだよ〜〜〜〜〜〜

 

ギターソロねいいよね〜〜〜〜僕スピッツのギターソロがすごい好きです。スピッツって絶対にギターソロいれてくるから好き。しかも毎回ちゃんとソロなんですよね。適当に弾きました〜みたいなソロじゃない「ちゃんと一番いいフレーズを持ってきたよ」っていうソロだから好き。ディレイ入れているけどこれは絶対趣味だろうな。このディレイがすごい怖い感じしますよね。ちょっとした狂気を感じる。しかもまたサッキー(崎山氏)が8分で押しちゃうし……もう……っ……

 

ラスサビ;

ここではじめて、スピッツ平常運転となります。ベースは本当に最後の最後まで我慢して本当にエラい。すごい大人なベースですよね。サッキーはもう自由にハイハット入れますし。しかもこの曲ではやってないけど他の曲だとハイハットオープンのゴーストでハイハットの開け具合を調整していちいち音符長さを変えてるからマジで抱いてほしい。頭おかしいもん。

最後のクラッシュシンバル二回からイントロのフェードアウトでいざなわれます。絶対ここで人死んでると思う。大森靖子さんが「スピッツさんの音楽は宇宙みたいで、宇宙が怖いから聴けない」と言っていた気持ち、少しわかります。このフェードアウト、宇宙空間でパッと離されちゃって地球から遠ざかっていく感じのするもん。しませんか?ゆらゆら帝国より全然僕はスピッツが怖いです。猫になりたいという歌なのに宇宙を彷彿させてるの頭おかしくない?(宇宙猫?)

 

それにしても歌詞もアパートとか霊園とか出てくるのに全く一切生活感がなく幻想的なのは草野マサムネ氏の手腕というか、すごいですよね。意味わかんない。今回は演奏面の解説ばっかりになりましたがまた今度は楽曲面でもこういうお話をしたいですね。するかもしれません。とりあえずよくわかんなかったけど読んだよっていう方もしいたら超ありがたいんですけどスピッツのドラムすごいんだぞとだけ伝わっていたら本望です。キモかったかもしんないけど最後まで読んでくれてありがとう!もしこの音符もよかったよ!っていう話あったら是非聞かせて!あとこういう話を延々しながらあさまで飲み明かすメンバー募集してます!以上!

 

猫になりたいという曲(前編)

スピッツの言わずと知れた名曲「猫になりたい」が改めて良すぎるのでこのブログで褒めまくることとします。私何様だよ…感は否めませんがもうそういった心配りもできないほどいい曲。本当にいい曲……

以下から解説(?)を始めますがこれは私見に基づくものであり、筆者は音楽的な教育をがっつり受けた人間ではありませんことをご了承ください。クラシックとか弾けないです。たぶん使ってる音楽の用語とかもいろいろ自己流だったりするのでもし「これは〇〇っていうんだよ」指摘があったらぜひ教えて欲しいです。じゃあ書くなみたいな雰囲気が出ましたが書きます。絶対に書きます。よろしくお願いします。

あと実際に曲を聴きながら読み進めていただけるとより理解(?)が深まるかと思います。

 

イントロ;ベースのルート・アルペジオのギター・タイトなドラム……

まずイントロのモチーフ。スピッツお得意のドカノンです。私もみんなもカノン進行が大好きなので好きです。そしてギターのモチーフとそれを一切邪魔しないベースとドラム……好き。超好き。(筆者はドラマーなのでドラムに関する記述多めになることをご了承ください)

でも一番濡れるのはここの裏でなってるギターのアルペジオですね……

スピッツを特徴付ける要素として「ギターがめちゃくちゃアルペジオを弾いている」ということが一点ありますが、ギターでアルペジオってコードトーンだけを鳴らしがちです。なんとなーくギターで弾いていると音の使い方がすごく単調になるんですアルペジオって。

ところが、ここの裏のアルペジオは、アルペジオの高音部でメロディを鳴らしています。よく聴いてみてください……

ね?ハマってるでしょ?

こんなに綺麗な裏メロがあっていいんですか……これのアルペジオだけでも1日聴いていられる……モヒカン……モヒカンの人がこんなにきれいなアルペジオ弾くんですよ……抱いて……

そしてAメロに入る直前のモチーフね。もう〜〜〜〜〜〜〜定番〜〜〜〜好き〜〜〜〜

ドラムもギターもベースもトゥッティじゃないけどフレーズをユニゾンするようなイメージでそれぞれ思い思いに音符を弾いています。とりあえず印象付けられるよね。そしてスルッと歌に入る。そしてなんとびっくり、クラッシュシンバルが鳴らない。直前のハイハットオープンだけでイントロの盛り上がりをトーンダウンさせています&直前のユニゾンに合わせてるんですけど天才?天才なんですね。好き……

これは後ほど、何度も出てきます。これで場面転換をしていくようなイメージですね。改行とか改ページみたいな。

 

Aメロ;トーンダウン;ベースのルート・弱〜いミュートギター・タイトなドラム……

そうこの曲のドラムね。ドラムがすごいいいんですよ。スピッツのドラムは超名手としてドラマー界隈では有名人なんですけど、その超絶技巧・崎山氏がですね、この曲では難しいことを一切していない(!)のです。すごくタイトに、あえて語弊のある言い方をするならば「冷徹に」ビートを守ることに徹している。その冷たさがこの曲の不思議な温度感・空気感を醸し出しているのだと思います。この曲、どこか途方もない場所に連れて行かれてしまうような、だけど安心してしまうような、そんな感じがしませんか?

さてここでAメロが繰り返されますが、繰り返される直前、ベースが動いたのわかりましたか?

そう!ここで先ほどイントロからAメロに入る直前のモチーフをちょっとだけ改造したフレーズをベースだけが弾くんですよ〜〜〜〜そうだよね〜〜〜〜あんまりあのフレーズを楽器全部で繰り返すとくどいし、かといって何もしないで繰り返すと単調になっちゃうしね〜〜〜好き〜〜〜〜〜〜〜〜

しかも2回目Aメロで新しいミュートギターが違うコードトーンを鳴らします。さて、これ覚えといてくださいね、後編で出てきますからね。

 

Bメロ;ベースのルート・ディレイかかってるアルペジオのギター・タイトなドラム

Bメロでリズムが変わり、サビへの盛り上がりを作っていきますが、Bメロの直前にドラムがタムを一つ鳴らします。そしてここで我慢できなかったのかついに、ついに…ドラムが16部のゴーストノートを入れます(もう一度よく聴いてみてください…)

この一つの音だけでBメロにスルッと入ってしまいます…とても素人とか地下ロックバンド(私です)には真似できない芸当…凡人だとドカドカ何か叩いてしまいます。鮮やかです。ゴテゴテのフレーズは要らない……シンプルイズベストという言葉が本当に似合います。

そして 「温かい幻を見てた」でついに…ついに……ついに…………スピッツの崎山氏名物「ハイハットのゴーストノート」がお目見えします(この瞬間股間はグショグショになります)。

ドラマーには「ゴーストノート」という手グセがあり、「ごくごく小さい弱い音を細かい音符で鳴らしてノリのいい感じにする」という効能がありますが、世の中の99%のドラマーのゴーストノートがスネアドラムなのに対し、スピッツの崎山氏はそれをハイハットで入れます(たまにスネアの曲もありますがたぶん使い分けてますね)。これがどう恐ろしいかというと、まず「入れにくい」。ドラム経験者ならわかるかと思いますがこれ、右利きの人がハイハットを左手で鳴らすということは、そのあとどうせ同じ左手で叩かなくてはいけないスネアに戻るために手をまたクロスさせなくちゃいけないんですよ。つまり普通なら誰もやりませんこんなこと。崎山氏はよほど16ビートを叩くのが好きだったからなのか、どうやってこのゴーストが生まれたのでしょうか。とにかく唯一無二…というわけなんですよ!!!!しかもこのハイハットのゴーストはグルーブ形成への恐ろしい武器として君臨します。それは後ほど……

その16ビートの申し子崎山氏がですね、この曲ではほっとんど16音符のフィルを叩かない…絶対に連打しないんです……優しい……優しすぎるドラミングなんです…

(涙が止まらなくなってきたので後編へ続きます)