読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い球体になりたい

音楽好きだし、ゲイだし、世界が終わらないことも知ってる

note

静かだ。
一人しかいない部屋で、遠くから鉄道が通る音が聞こえる。この部屋に住んで3年になる。
 
思えば、資本主義と向き合うことなく、27年生きてきた。
悪い癖で、本質的なことはあとまわしにしてしまう。
気づけばいつだってそうだった。
目先のことですぐに頭がいっぱいになり、中期的なことや長期的な戦略を立てることが苦手だった。
筋トレや、就職だってそう。
自分の人生に価値を見出せず、適当に生きてきた、そんな気がしている。
自分の人生に価値を見出せないので、自分の人生に誰かを巻き込むようなことを、してこなかった。
絶望に対して、甘えていたのだ。
 
この文章を書くことで、僕は構ってもらおうとしている。
それはTwitterで知り合ったたくさんの、いまのところ、いい人たち。
でもそれはきっと自意識過剰だ。
このブログが、せいぜい数人にしか読まれないであろうことも分かっている。
僕がどれだけいい曲を書いても、世界は変わらないことも分かっている。
やり方が音楽しかないので、こうなってしまったのだ。
いつだって音楽以外の方法を探してきた。
だけど、どうにも音楽以外向いてないみたいだ。
 
この部屋を引き払うことにしたのは、単純に生活するということがわからなくなったからだ。
生きていくだけでお金がかかるということを、見てみないふりをしていたようだ。
筋トレや就職だってそう。
僕は本当は欲深い人間なのだ。
そしてそれが正しい人間の姿なのだろう。
 
全てをいま捨てて、ゼロになってからまた始めようと思う。
気づけばいつだってそうだった。
中期的な、長期的な戦略を立てるためには、一度大きな間違いを犯さない限り学んでこなかった。
ここでの生活を一度糧に変換して、全てをやり直そうと思った。
その気持ちを忘れないように、ここに記しておこうと思ったのだった。